読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぷち学

資格試験用のメモとして。

贈与税

◆課税価格

=(贈与財産+みなし贈与財産)-非課税財産

☆何が非課税財産になるか☆

ex)法人から贈与された財産→所得税

 

◆贈与税額

=(課税価格ー110万円)×税額

※110万が基礎控除

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<贈与税の特例>

◆贈与税配偶者控除

・婚姻期間20年以上

・Max2000万円まで非課税

・居住用不動産であること

 

☆◆相続時精算課税制度☆(H27~)

⑴受贈時に贈与税払う

→⑵将来相続発生した時に、その贈与税と⑴との差額を払う(or還付)。

・受贈者=20歳以上の推定相続人

・最高2500万円まで非課税→それを超える分は、一律20%課税

年収要件なし

 

◆直径尊属から住宅取得資金の贈与を受けた場合の非課税制度

※目的=若手世代へ早期に資産移転、

省エネ性・耐震性・バリアフリーを備えた良質住宅を供給する

・受贈者=20歳以上で所得が2000万円/年以下の人

・非課税限度額(H28.1.1~)

⑴一般の住宅→700万円

⑵省エネ・耐震住宅(良質な住宅家屋)→1000万円

相続時精算課税制度との併用可

 

◆教育資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置

・受贈者→30歳未満の子や孫

・限度額=1500万円(一人につき)

 

◆結婚育て資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置

・1000万円(一人につき)