ぷち学

資格試験用のメモとして。

【特例】不動産を譲渡した時にかかる税金の☆特別控除や特例☆<所得税10種・譲渡所得

居住用の不動産を売ったら、お金が入ります。

所得(原則計算の譲渡所得=譲渡益ー3000万円)として、お金が入ってきます。

そのお金に対して、国は税金をかけてきます。

何にでも税金がかかってきますねー。

自分の資産を売って

お金を手に入れたのに、税金ばっかり取りやがって!!

と思いますね。

 でも、居住用の財産を譲渡した場合、控除や特例があるのです。

税金が安くなります!

知らないと、とんでもない損をしますが、

でもややこしい。。。

まとめてみました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

控除や特例があるパターンは3つです。

①家を売った時

②家を買い換えた時

③売った時で、損失が出た時

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

①家を売った時

◆居住用財産の3000万円の特別控除

※住んでいた家に住まなくなって空き家になるのを、

とっとと、第三者(第2親等以外)に売った場合。

・譲渡所得=譲渡益ー3000万円

・長期短期問わない

が、住まなくなってから3年以内に売らないといけない。

配偶者、父母、子などの譲渡は適用外

②(買換え特例)との併用ダメ

・3年に1度しかダメ(前年、前前年うけたらダメ)

 

◆居住用財産の軽減税率の特例

所有期間10年(譲渡した年の1月1日時点で)の居住用財産につき、

・3000万円の控除(上記)の金額について、(~6000万まで)→14%の軽減税率。

・6000万以上は、普通に20%。

 

②家を買い換えた時

⑴◆特定居住用財産の買換え特例

※一定の要件の家を売った時で、一定の要件の家に買換えた時

所有期間10年超&居住期間10年以上の家を売った時

(10年経ってたら、大分価値下がってるイメージ)

[要件]

旧家→譲渡対価が1億以下

新家→床面積50㎡以上

①旧家≦新家(買った家の方が高かった)→「旧家の譲渡価格ー旧家を取得した際の経緯費等」

繰り延べOK。

・旧家>新家(買った家がめっちゃ安かった)→儲かった差額には課税されるが、残りの譲渡益は繰り延べOK

 

◆居住用財産を買い替えた場合の譲渡損失の損益通算および繰越控除

※⑴と違う要件で買換え、損失出た時に、所得と損益通算OK。

所有期間5年超の家を売った時

新家→10年以上の住宅ローンを利用、床面積が50㎡以上

・譲渡損失と、その他の所得を損益通算できる。

翌年以降3年間に渡って繰越控除(損益通算)OK

 

③家売った時で、損失出た時

◆特定居住用財産の譲渡損失の損益通算および繰越控除の特例

所有期間5年超で、住宅ローン残高がある家を譲渡(ローン残ってる。。)

→譲渡損失でた

→損失とその年の他の所得と損益通算できる。

・3年にわたって繰越控除OK。

(但し、所得が3000万≦であること。そんだけあったら全然払えるやん。)

※②との違い→買換えではない

※①との違い→住宅ローンの有無。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<空き家譲渡の特例>

相続開始前直前、被相続人の居住用だった→その後空き家になった。

一定期間内に譲渡→3000万円控除できる。

 

※相続にかかる譲渡取得課税特例(相続税の取得費加算)とは選択適用

※相続開始日から3年経過の年末までに譲渡、一億円以下