読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぷち学

資格試験用のメモとして。

各人の課税価格を計算<step①><相続税

相続承継 相続税 FP

<課税価格の計算>

◆本来の相続財産~「相続時に支払時期の到来していない給与」

◆みなし相続財産

・生命保険金

・死亡退職金~死亡により給付されるう退職金で死後3年以内に支給確定

◆相続時精算課税制度による贈与財産

生前贈与時に贈与税を軽減→その分を相続財産に課税する

贈与時の価額に課税される。

◆生前贈与加算

・相続人が、相続開始3年以内に贈与うけた→相続財産として加算。

・贈与時の価格

※贈与税の控除&非課税制度にあてはまらなかったり、

相続時精算課税制度を申告してないと、損する。

(大体あてはまるか?相続人が法定相続人い外の第三者の時・・・)

◆非課税財産

・墓石、仏壇仏具、(先祖代々・・?)

1)☆生命保険、死亡退職金の一部の非課税額式

500万×法定相続人の数=非課税限度額(総額)

2)弔辞金のうち非課税額

業務上の死亡の場合→給与×36か月分

業務外の死亡の場合→給与×6か月分

3)法定相続人の数

相続放棄あっても、相続人の数には算定される。

・養子~実子いる→一人まで。

・相続の地位がダブルである→養子でも実子とみなされる。

◆債務、葬式費用

・債務控除の対象(-計上できるもの、like経費)ex)未払い税金

・葬式費用→通や告別式費用はOK/香典返しとかは、ダメ

・債務→借入金未払い金はOK/生前購入の墓石未払い金はダメ