ぷち学

資格試験用のメモとして。

建築基準法【防火・準防火地域】

◆目的~市街地の不燃化を図るため。

防火地域

1.耐火建築物としなければならない建築物
地階を含む階数が3以上の建築物
・延べ面積が
100㎡を超える建築物

4.看板・広告塔などの防火措置

・建築物の屋上に設けるもの
・高さ
3mを超えるもの

その主要部分を不燃材料で造りまたは覆う

 

準防火地域

1.耐火建築物としなければならない建築物

地階を除く階数が4以上の建築物
・延べ面積が
1,500㎡を超える建築物

2.耐火建築物または準耐火建築物としなければならない建築物

・延べ面積が500㎡を超え1,500㎡以下の建築物
地階を除く階数が3の建築物(=地上3階建て)←※防火上の技術的基準を満たしていれば木造でも可(500㎡以下

つまり準防火地域内において地階を除く階数が3の建築物は、
・延べ面積1500㎡超→耐火建築物
・延べ面積500㎡超~1500㎡以下→耐火or準耐火建築物
・延べ面積500㎡以下→耐火or準耐火or技術的基準に適合する建築物

の3パターンがある★

3.準防火地域内にある木造建築物の防火措置

外壁および軒裏で、延焼のおそれのある部分防火構造とする

 

防火地域・準防火地域に共通する規制

3.外壁:外壁が耐火構造のものは、その外壁を隣地境界線に接して設けることができる。


複数の地域にまたがる場合の措置

最も厳しい地域の規制が適用される

 

gyazo.com

http://www.takken-success.info/d-21.html