読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぷち学

資格試験用のメモとして。

営業保証金と弁済業務保証金

宅建 宅建業法

還付→宅建法上の「取引」について。

宅建法上の「取引」とは??

・供託した旨の届出をしないと、全ての事務所で事業開始できない。

 

<営業保証金>

◆供託場所~“主たる”事務所の最寄りの供託所

◆評価~現金国債=100%、地方債=90%、有価証券=80%

◆新設~事業開始前に供託

◆供託ない~免許の日から3か月以内に供託届出ない→催告→1か月以内に届出ない→「免許取り消しOK

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆還付~「取引」で生じる債権のみ。

◆還付額~営業保証金の範囲内

◆還付→不足~不足通知から2週間以内に供託 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆営業保証金の取戻しをする際

・免許取り消し、執行、事務所廃止、二十供託、保証協会の社員になる。

6カ月以内に債権者公告→その期間内に申し出ないなら取戻しOK。

(免許取消など発生から10年を経過すれば公告不要)

・二重供託では公告不要。

 ・二十供託の

<保証協会>

◆保証協会の供託期限~1週間

供託金の不足~不足通知受ける2週間以内に還付充当金→しない→社員の地位失う→1週間以内に「営業保証金」を供託する。

※直ちに分担金を返還するワケではない。

◆保証協会の業務

必要的業務(Must!):弁済業務、苦情の解決、研修

任意:手付金保管業務ほか