読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぷち学

資格試験用のメモとして。

報酬

宅建 宅建業法

<報酬には限度規制がある>

 ◆売買交換代理

・代金、価額が200万円以下→価額×5%×1.08%

・代金、価額が200万円~400万円以下→価額×(4%+2万円)×1.08%

・代金、価額が400万円超→価額×(3%+6万円)×1.08%

 

☆課税業者か非課税業者かに注意

 

※双方から売買の媒介を受けた

→それぞれ一方から受領できる報酬額の限度内でその合計額以内。

※交換で、価額差がある場→高い方を基準にする

※売買又は交換の代理の場合、依頼者から受領できる報酬額は上記計算式の2倍以内。

 

◆賃貸の媒介・代理の報酬

・依頼者双方から受領できる報酬限度額

【住居用建物の賃貸借】

課税業者:合計して借賃の1か月分の1.08倍以内

※割合は自由。

※一方の依頼者から受領できる報酬額は、依頼者からの承諾を得ている場合を除いて借賃の1か月分の半分。